Square Beat Engine

Blog for variety of things…

Life

やる気が起きないときのコツ

投稿日:2017-04-02 更新日:

やるべきこと、やりたいことがあるのに、やる気が起きないことってありますよね。

自分はごく平凡な人間(よりさらに怠惰な人間)なので、そういうことがよくあります。

やる気が起きないときにすべきこと

やる気が起きず、行動を起こせないときは、以下のどちらかでだいたいやる気が起きます。

終わった状態を思い浮かべる

やるべきことをやり終えたときのことを想像してみましょう。
物事は前進し、気分はスッキリです。

この方法はシンプルなタスク(数分から数時間、特に「やり方は分かってるけど面倒」な場合)に効果絶大です。
メール1通書くのが面倒なときに、「メールを送信し終わったら、どんな気分かな?」って想像してみると、きっと実現したくなります。

最小限のネクストアクションを書き出す(もしくは、そのために現状を書き出してみる)

やるべきことが明確な場合でも、まず何をすべきか考える必要がある場合は、なかなか具体的な行動を取るに至りません。

そういうときは、まず何をすべきか書き出すのがお勧めです。
頭の中で考えているだけでは、思考はなかなか前進しません。
とりあえず書き出してみれば、書き出した文字から思考が刺激され、次の考えにどんどん進んでいきます。

例:掃除をするやる気が出ない。

終わった状態を思い浮かべる

部屋はピカピカになって、気分はスッキリ!

ネクストアクションを書き出す

とりあえず以下の3アクションを思いついたとしましょう。

  • 掃除用具を買う
  • 掃除する場所や順番を決める
  • 日時を決める

書き出してみたら、今ある掃除用具を確認する必要に気づくかもしれません。

掃除する順序を決めるポイントが分からなければ、ググってみるのもいいでしょう。

日時は、他のスケジュールとの兼ね合いが必要ですが、もし今時間があれば、トイレ掃除だけでも終わらせられるかもしれません。

行動しないと成果は出ない

1つめのコツは、何かで読んで効果的だったので、長年実践している方法です。

2つめのコツは、GTDの考え方です。行動に移せないのはネクストアクションが不明確だから。考えなくて済むような具体的なアクションがイメージできれば、後はそれを実行するだけです。

やる気なんて、ちょっとしたことでコントロールできるんです。

やるべきことが残っている状態、先延ばしする自分、自分は好きじゃありません。

ちょっとした習慣を身につけて、さっさと終わらせちゃいましょう。

以上!

-Life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペースは人それぞれ

昨日の投稿でちょっと触れたが、ペースは人それぞれというのが自分の持論だ。 世の中は、一般水準や常識を個人に押しつけたがるものである。 その中でも、年齢による比較やレッテルは合理的なことも多いが、理不尽 …

正面から歩いてきた人とすれ違うときのコツ

道を歩いていて、正面から来た人とすれ違う際、左右のどちらに動けばいいか迷ってしまって、お互いに立ち止まってしまった経験は誰にでもあると思う。 自分はこれが極端に多く、駅構内で毎日1回ぐらいの頻度で発生 …

逃げ道がある強さ

背水の陣と言われるように、退路を断つ戦術があるが、これは常時とるべき方法ではない。 ストレスにさらされ続ける方法は長続きしないからだ。 それよりも、常に逃げ道を準備しておくことが大切だ。 交渉時におい …

やりたいことに流されないで、やるべきことをやろう。

やるべきこととやりたいことだったら、自然にしていたらやりたいことに流れてしまう。 人間は忘れる動物だから、決意は時間とともに薄れる。 自分にとって簡単なこと、楽しいことをついついやってしまうのは、自然 …

習慣の大切さ

英語の練習はもはや習慣になっているが、ブログはまだ習慣になっているとは言えない。 日常の一部になっていないので、リマインダーがなければつい忘れてしまう日も多い。 習慣という言葉の範囲は広いが、何かを身 …