Square Beat Engine

Blog for variety of things…

Life

苦労と苦難は違う

投稿日:2015-10-22 更新日:

いつも周囲のことを気に掛けていて優しく、それでいて力強さも兼ね備えている。
そういう人はあまり多くない。

よく「苦労すると人は成長する」ということが言われるけど、生きることは苦労の連続で、大部分とは言わないまでも、大多数の人が苦労を経験しながら生きていると思う。
いわば、苦労とは受け身でも生ずる、避けがたい事象だ。

一方で、苦難というと、より修羅場な感じが漂う。
受け身的なニュアンスがないわけではないが、予想外のアクシデントに見舞われたり、リスクを取って行動することで発生するような雰囲気がある。

苦労をしたら白髪になったりシワが増えたりするが、苦難は人を成長させる。
苦難を乗り越えると、感謝の気持ちが芽生えたりもする。

苦労ではなく、苦難を糧にしていきたいと思う。

以上!

-Life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

習慣と短期記憶

毎日行っていることは、短期記憶として脳にとどまる。 そして、常にそのことを考える準備ができるようになる。 誰かに質問されれば、それについてすぐさま答えることができるし、暇な時間があればそれについて考え …

暗黙的に求められる成長と生産性・社会性

このブログでは、折に触れて成長について書いてきた。 今回は、一言で成長という言葉が用いられてきたとき、何が期待されているかを考えてみる。 成長という言葉のコンセンサス 成長を測定するためには、あるべき …

やる気が起きないときのコツ

やるべきこと、やりたいことがあるのに、やる気が起きないことってありますよね。 自分はごく平凡な人間(よりさらに怠惰な人間)なので、そういうことがよくあります。 やる気が起きないときにすべきこと やる気 …

明文化されないルール

世の中には、明文化されないルールがたくさん存在する。 コミュニティ(大きくは国、小さければ家族まで)によってそれは異なるが、人間として共通のものも存在する。 大人になると言うことの1つは、こうした明文 …

志はなぜ大切なのか

最近、「志(こころざし)」という言葉を聞く機会がほとんどない。 これは大変に嘆かわしいことだ。 ビジネスの場では、ビジョンや目標という単語によく出会う。 これらは、自分視点で語られることが多く、志とい …