Square Beat Engine

Blog for variety of things…

Life

なぜ人には目標が必要なのか

投稿日:2015-09-18 更新日:

最近、ブログを頻繁に更新できている。
また仕事でも集中力が高く維持できており、調子がいい状態だ。

こちらの記事でやる気に基づいて行動するのは危険だと書いた通り、今の状態はやる気が原動力ではない。
原動力は、目標だ。

目標があるから行動できる。
そして、行動できるとやる気が出てくるのだ。

生産活動の波

自分の生産活動は、実のところやる気によってけっこう波がある。

調子が悪いとき

やる気がないときは、以下のような行動を取ってしまう。

  • 電車の中で、ゴシップニュースを読んでしまう。
  • 英語の勉強をおそろかにしてしまう。
  • 漫画を読み耽ってしまう。
  • くだらない動画を見続けてしまう。
  • ゲームをやり続けてしまう。

これらの行動は、すべてが悪いわけではない。
生産的な活動ばかり行っていても、ストレスが溜まるし、かえって生産的ではなくなってしまうからだ。

だが、こういった非生産的活動を取り続けるのはよくない。
時間の区切りなく、だらだらと消費してしまった時間は、後になって後悔しても戻っては来ないのだ。

調子がいいとき

最近は調子がよく、以下のような行動を取れている。

  • 電車の中で読書をする。
  • 英語の勉強をしっかり行う。
  • ブログを頻繁に更新する。
  • 定期的に運動をする。
  • 計画的に娯楽を楽しむ。(ドライブ、買い物、映画鑑賞、など)

目標があれば余白ができない

今の目標

今日は2015年9月18日(金)。明日からシルバーウィークに入り、土日と祝日で5連休だ。
自分は、この5連休でブログをいろいろと改善したり、新しいことにチャレンジする予定を立てている。

そういう目標があるから、ここしばらく本を読んだり、運動をしたり、生産的に行動できている。
特に、ブログを頻繁に更新できているのは、目に見える成果なので嬉しい。

目標がなければ

もし、シルバーウィークの目標を立てていなければ、漫画を読んだりニコニコ動画を見続けたりしていただろう。
そして、シルバーウィークもそれらの活動で無為に過ごしてしまうのだ。

目標がなければ、今この時間を何に使うかという道しるべがなくなる。
そうなると、やっぱり人間は楽な方に流れてしまうのだ。

「今この時間が、自分の立てた目標に近づくことに使われているか?」

そう考えると、自然と生産的に行動するようになる。

目標は行動を生み、行動はやる気を生む

目標を立てると、それに向かって行動するようになる。

別記事で書いた通り、やる気ではなく、行動が大事だ。
やる気があろうとなかろうと、行動すること。
やる気があるだけで行動しない、というのは理に適わない。

行動すると、成果が出る。
大きな売上を上げたり、愛する人と出会ったり、とても大きな成果かもしれない。
何の得にもならないような、小さな成果かもしれない。(このブログみたいに)

でも、どんなに小さくたって、成果が出ると嬉しいものだ。
嬉しい気持ちは、次の行動の後押しになる。

そう、行動を起こすと成果が出て、成果がやる気を引き出すのだ。

大きな波は恐れるな

個人的に、今までの経験上、何かの拍子で目標を見失い、廃人のように引きこもってしまうことがある。

そういうときは、焦る気持ちもあるけど、そういう波が来たと諦めて、目一杯だらけることにしている。
だらーっと生活していても、そのうちゲームにも漫画にも飽きて、生産活動に前向きになってくるものだ。

今まで、そういう大きな波を繰り返しながら、やる気のない時期が徐々に減ってきている。

これを読んでいる人に、同じような悩みを抱えている人がいるか分からないが、焦らずに、少しずつ目指すべき姿に近づいていけばいいと思う。
成長は右肩上がりではないのだから。

おわりに

この記事では、以下の好循環について書いた。

  1. 目標を立てると行動しやすくなる
  2. 行動するとやる気が出る
  3. やる気が出るので行動する
  4. 行動するとやる気が出る
  5. 以下ループ

だが、目標を立てることは簡単ではない。
目標を立てるときの考え方や、マネージャーは目標を立てるのが仕事、といったことについては、別の記事で書こうと思う。

以上!

-Life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

正当な客観的評価という幻想

経営書を読んだりすると、人材評価を科学的にやろう、という考え方が紹介されていることがあります。 こういう組織論みたいなのは意外とトレンドがあって、「どこの会社も苦労してんだな」って感じなんですが、まあ …

逃げ道がある強さ

背水の陣と言われるように、退路を断つ戦術があるが、これは常時とるべき方法ではない。 ストレスにさらされ続ける方法は長続きしないからだ。 それよりも、常に逃げ道を準備しておくことが大切だ。 交渉時におい …

変化できる人間は「やる気」を原動力にしない

自分は、変化し続ける人間でありたい。 変化に対応し、変化を起こすには、自分が変化し続けることが必要だ。 変化できる人間は、やる気に左右されない。 やる気に基づかずに、淡々と行動する。 なぜなら、やる気 …

小さな失敗と後悔

短所は長所の裏返しという。 それは個性であり、活かし方によって長所にも短所にもなり得る。 小さな失敗 自分は、小さな失敗を思い出しては後悔するタイプだ。 そういう人間が少なからずいるのは知っているが、 …

やりたいことに流されないで、やるべきことをやろう。

やるべきこととやりたいことだったら、自然にしていたらやりたいことに流れてしまう。 人間は忘れる動物だから、決意は時間とともに薄れる。 自分にとって簡単なこと、楽しいことをついついやってしまうのは、自然 …