Square Beat Engine

Blog for variety of things…

Life

習慣と短期記憶

投稿日:2015-02-16 更新日:

毎日行っていることは、短期記憶として脳にとどまる。

そして、常にそのことを考える準備ができるようになる。

誰かに質問されれば、それについてすぐさま答えることができるし、暇な時間があればそれについて考えることができる。

だから、自分にとって大事なことは、短期記憶にとどめるために毎日行うことが大切だ。

堕落する習慣

人間は、現状維持をするような性質を持っている。
だから毎日行っているうちは、その慣性が続いていくのだが、いったんサボると、そこから堕落が始まる。
毎日行うのは、それ自体のよる能力向上のほかに、継続させるための原動力でもあるのだ。

週末に2時間勉強するより、毎日20分勉強する方が効果的で効率的だ。
きっと多くの人はそれを分かっていながら、毎日20分の勉強を習慣にすることができないでいるのではないだろうか。
確かに、慣性を得られるほど習慣にするには、最初の努力が必要であり、それには主体性が不可欠だ。それは、システムというより個人の努力ではあるのだが、そもそも何かを得ようとするときに、何の努力も払いたくないというのは甘い考えではなかろうか。

期限を切ること

目標には期限を設けよう、とはよく言われる。

「1年後までに、TOEIC800点を取ろう!」

というのが、目標と期限だ。
それは確かに重要だが、もう一つ重要な期限として、歯を食いしばって努力をする期間を設定すべきだ。

「とりあえず3ヶ月間だけ、毎日20分勉強しよう」

ということだ。
これがないと、半永久的にがんばり続けなければいけない気持ちになり、長続きしない。
ところが、短期間だけであれば根性で乗り切ることができる。
そして、その短期間を乗り切った頃には、ある程度習慣として身についているので、維持コストが低くなっており、続けていくことができる。

「3ヶ月間やってこれた!次は、あと半年間がんばろう!!」

というように、継続してきたことによる自信は、未来につながる。

だから、とりあえずやってみよう、という精神は大切だと思うわけだ。
逆に、言い訳ばかり並べて新しいことを始めない人間は、実績を積む機会を失い続けているわけで、いつまで経っても新しいことを始めないだろう。

有限な時間をどう使うかは、自分次第。
後悔しないように生きたいものだ。

以上!

-Life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生の責任は自分で取れよ

自分の人生の責任は、自分で取るしかない。 自分は、この原則に気づいてから、少しずつ他人のことを気にしなくなってきた。 気にしないというのは、気遣いや思いやりを捨てるというわけではなく、他人に期待しすぎ …

暗黙的に求められる成長と生産性・社会性

このブログでは、折に触れて成長について書いてきた。 今回は、一言で成長という言葉が用いられてきたとき、何が期待されているかを考えてみる。 成長という言葉のコンセンサス 成長を測定するためには、あるべき …

Will Power(意志力)の消耗に注意

計画を立てたのはいいけど、その通りに行動できない。 そんなことがよくある。 詰め込みすぎて終わらないってわけではなく、時間的には余裕があるのに全体として完了しない場合の話。 我々が持っている資源には、 …

勉強を続ける理由

自分は勉強が大嫌いだ。 学生時代は全然勉強せず、高校を卒業できたのは奇跡に近かった。 大学受験もほとんど勉強しておらず、1浪した後、何とか滑り込んだというところである。 浪人時代も決して真面目ではなく …

ヴィジョナリーにヴィジョナリーはいらない

ずいぶん前の話だが、ある有名な(皆さんよく知っている)社長の話を聞く機会に恵まれた。 事前のイメージ通り大変魅力的な方で、ヴィジョンを持っていて行動力のあるタイプだとお見受けした。 自分は、このように …