Square Beat Engine

Blog for variety of things…

English

慣れない文章の音読

投稿日:2015-02-14 更新日:

英語の音読の練習をしていて、慣れない文章の場合、たとえ短くてもつっかえて読めないときがある。
そんなときは、分けて練習して、後で合体させると習得が早い。

今ちょうどDuo3.0で音読の練習をしていたので、そこから文章を拝借する。

Her genius makes up for her lack of firsthand experience.

(彼女の才能は、実地経験の不足を補う。)

最初に音読をしてみたときは、makes up for her lackの「for」あたりでつまずいた。
そこで、この部分だけ20回ほど音読したところ、今度はlack of firsthand experienceの「of firsthand」でつっかえた。
再びこの部分を20回ほど音読し、無事に全体をスムーズに読めるようになった。

ポイントは、部分練習の両方にlackを含んだことで、これによって全体が分割されることなく、つながりを保つことができた。

おわりに

人間は、繰り返し行うことで、それが自分にとって必要なものだと認識するようになる。
必要なものにかかるコストが低くなるよう、脳は設計されているらしい。

たいしたことではないけど、日々の勉強の中で見つけた発見だから投稿してみた。

以上!

-English

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

因果関係を示す言葉

因果関係を示す英語表現のうち、よく使うものまとめてみた。 厳密な使い分けはよく分からないが、使っている分にはとりあえず通じているので、大きな間違いはないと思う。 because 最も汎用的な接続詞。 …

色んな英語

ブログ開設時から、英語のカテゴリーを用意していたものの、公開できるほどスキルが高いわけでもなく、記事を投稿する機会がなかった。 だが、せっかく新しいことにチャレンジしているので、勇気を出して書くことに …

英語で話すときの問題点

仕事では、問題解決のためにコミュニケーションを取っていく必要がある。 コミュニケーションの相手がEnglish Speakerの場合、内容そのものを考えることと英語という2つの問題が発生する。 内容を …

不定詞じゃない to + 動詞 (ing)

自分が書いた英文メールを見直したら、間違いを発見した。 けっこう間違いやすいポイントだと思うので、記事にしてみる。 ※独学なので、誤りなどあるかもしれません。ご容赦ください。 to + 動詞(不定詞) …