Square Beat Engine

Blog for variety of things…

MS-Office

[PowerPoint][VBA] スライドの追加

投稿日:2015-01-27 更新日:

パワーポイントのスライドを作成する方法。

メソッド

単にスライドを挿入する場合は、PPT.Slides.Addでよい。

今回はテンプレートファイルからスライドをコピーする形を取ったため、いくつか工夫が必要。
まず、スライドのコピーはSlides.InsertFromFileメソッドを使うが、スライド名ではなくSlideIndexで指定する必要がある。
また戻り値はあるが意味不明な値が返ってくるため、挿入先のスライドを取得しようとした場合、Slides.Countを使うことにした。

コード

以上!

-MS-Office

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[VBA] ユーザー定義型の使い方

VBAでは、自分で型を定義することができる。 異なる値をひとまとめに扱いたいときに使うと、取り扱いがぐっと楽になる。 ユーザー定義型の構文 宣言部分(モジュール内の冒頭、Optional Explic …

[Excel][VBA] リストボックスがクリアされてしまう問題

ActiveXコントロール(OLEObject)のリストボックスは、セルに何かを書き込んだりすると、選択状況がクリアされてしまう。 正確には、自動計算をOFFにしておけばクリアされないのだが、通常は自 …

[Excel][VBA] セルの値を転記する方法

エクセルでマクロを作る際に、もっとも基本となるのは、「セルの値を転記する」という処理だと思います。 セルの値を転記する方法は、いくつか存在します。 クリップボード経由でコピーする。 値を直接転記する。 …

[VBA] 数値からRGBを求める関数

VBAでは、RGB関数を実行して数値を求めることは可能だが、数値からRGBの各値を得る関数は存在しない。 プロパティから色を取得すると数値で表現されるため、数値からRGB値を求める関数を作成してみた。 …

[Excel][VBA] ピボットテーブル「複数のアイテムを選択」の一括OFF

最近、VBAでピボットテーブルの操作にチャレンジしている。 細かい操作をする際に迷うことがあるので、Tipsとして紹介。 「複数のアイテムを選択」をOFF 前提 あらかじめピボットテーブルは作成済み …