Square Beat Engine

Blog for variety of things…

WordPress

WordPressのプレビューが使用できない問題

投稿日:2014-12-07 更新日:

VirtualHostの設定をしてから、プレビューが利用できなくなっていることに気づいた。
ちょっと調べてみたらいくつか方法が見つからず、どれもうまくいかなかったが、試行錯誤の上あっけない決着を見た。

うまくいった方法

最終的にうまくいったのは、WordPressのURL設定。
WordPress アドレス (URL)、サイトアドレス (URL)ともに「http://blog.sbe.tokyo」を指定することで正常に動作するようになった。

うまくいかなかった方法

上記の「うまくいった方法」にたどり着くまでに試した方法を、以下に記載しておく。

ユニークキーの更新

まず一番簡単そうな、wp_config.phpの認証用ユニークキーを更新してみたが、うまくいかなかった。
もちろん、ログアウトした後にログインするという手順も試してみたが、やはり状況は変わらなかった。

URLの設定

次に、WordPress アドレス (URL)を「http://sbe.tokyo/blog」にしてみたが、これもうまくいかなかった。
VirtualHostを設定しなければこのURLが正しいわけで、設定画面の説明を読んでも、これが間違っているとは思えなかった。
だが、自分が正しいと叫んでも事実に抗うことはできないのであった。

.htaccessの編集

何やら.htaccessに不可思議な文字を書き込むべし、という解決法も見かけたが、パーマリンク以外では.htaccessを使っていない。
パーマリンク設定は間違いなくできている。
そもそも.htaccessを使いたくないからVirtualHostを利用したわけで、これは保留した。

所感

おそらく、WordPressは、VirtualHostなどのサーバー設定を行うことなく運用できるように設計されているのだ。
確かに、VPSならVirtualHostは間違いなく設定可能だけど、レンタルサーバーでは不可能かもしれず、そんな場合に備えて設定画面や.htaccessの修正だけで独自ドメインでの運用ができるようになっているのだろう。

個人的には、URL設定が2つ備えられていて、それを有効に活用していないのは非常にもったいない気持ちになってしまう性分なのだが、より基礎的な技術を身につけた結果だとすれば、喜ぶべきことだと捉えて以後忘れることとする。

ブログ開設シリーズ記事

前回「WordPressへのドメイン設定」

以上!

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テーマのカスタマイズ

テーマのカスタマイズを進めて、色の設定や見出しの変更などを実施した。 テーマの理解 Stinger5では、色の変更はカスタマイズから行うことができる。 「基本色(キーカラー)」という項目があり、4箇所 …

パーマネントリンクをミスったと思う

パーマネントリンクって、永久的なところに意義があるわけだ。 ブログを始めた当初は、気合いを入れすぎて、いちいちスラッグを設定指定が、これが結構面倒な作業だ。 シリーズもの(Excel VBA)とか、毎 …

WordPress サーバー移行完了

VPSをWebアプリに流用するため、ブログはさくらのレンタルサーバー(スタンダード)に移行しました。 単にSQLのエクスポート・インポートではうまくいかなかったので、投稿とコメントをSQLでINSER …

プロフィール作成

今日は時間がなかったので、プロフィール作成に着手。 だだっと書いてみた。 でもHN(ハンドルネーム)は決まらない。というか、今時HNとか必要なのか?どうなのか? しかし、HN以外はいい感じにできあがっ …

WordPressへのドメイン設定

さて、今回はいよいよWordPressへのドメイン設定だ。 この設定をしないと、http://sbe.tokyo/blog/のような、ちょっと格好悪いURLになってしまう。 そこで、http://bl …